江新エンジニアリングコーティングダイ・スロットダイの製作・修理、超研削加工まで、
ミクロン精度の最先端技術でリードする江新エンジニアリング。

03-3655-8815

FAX.03-3656-7670 東京都江戸川区松江1丁目22-7

超精密 隙間ゲージ(精密テーパーゲージ)

ダイのリップクリアランス測定バックアップロールとのギャップ測定その他超精密な隙間の測定管理に

従来品と江新エンジニアリングの隙間ゲージの違い

  • 従来の測定器

    • 機器導入の初期費用が高価。
    • 機器の使用方法がわかる担当者がいないと測定できない。
    • 機器の取り廻し等の制約で測定できる場所が限定される。
    • 測定作業にそれなりの時間がかかってしまう。
  • 江新エンジニアリングの隙間ゲージ

    • 樹脂製なので金属製のものより傷がつきにくい。
    • 受注生産が原則であるが価格は
      CCDカメラなど組入れた画像測定器に比べて
      大幅に安価(標準単価20万円~)
    • どなたでもスグに、簡単に測定可能。
    • 電源も要らずコンパクトで持ち運び自由
      且つ時と場所を選ばない
    • 選べる目量(0.001mm,0.002mm,0.005mm,0.010mm)
      測定範囲によっては製作不可の目量もあります。
    • 彫刻による目盛りなので正確な測定が可能。
    • 耐摩耗性が有り耐熱性は約100℃まで可能。

仕様

本製品はお客様がご使用のダイ・ノズルの仕様に合わせた完全オーダーメイド品となっております。
江新の隙間ゲージは、コーティングダイ・ラミネート用Tダイその他超精密の世界で管理を必要とされる隙間用のゲージです。

押出ラミネートTダイ
加温時測定用
コーティングダイ・ノズル・その他の隙間
常温時測定用
材質 低熱膨張金属(熱膨張係数0.8以下) 樹脂(耐摩耗仕様)
目量 0.001mm,0.002mm,0.005mm,0.010mm
製作可能厚み 0.03mm~3mm 持つ部分から先に行くほど厚みが薄くなっています。(金属製は0.5mm~)
  • 樹脂製の隙間ゲージは特許を取得しています。
  • お手入れ方法:溶剤は使わず、アルコール、ホワイトガソリンを使用して下さい。

隙間ゲージ納品までの流れ

  • 隙間ゲージの
    質問書をご記入
  • 弊社にて
    製作可否のご返答
  • お見積り
  • ご注文
  • ご納品
    (約3週間前後)